山羊香合 of higashiki

Kutani myousu kouzan
九谷 妙須晃山
九谷焼 陶芸家 東木宏充

HOME > > 山羊香合

妙須晃山窯 作品集

九谷伯釉 山羊香合  

伝統的な技術をもちいて、古典的王道の香合

干支香合として十二支造りました。山羊は違いますが、表現が面白く独自の造詣の形状と雰囲気を楽しんで頂きたいです。

香合 置物としても

白い表面の釉薬は上絵付けによる白釉薬です。伝統的な技術を用いた香合、置物としてもいかがですか?  

九谷焼は色絵だけだと思っている方が多いのですが、決してそんなことはありません。色絵以外で、寂手、白手、藍手など、さまざまな手法があった。その流れを、現代になかなか伝わってきていない部分があるので、その伝統を大事にしていきたと思ってます。

_DSC0528-1.jpg
_DSC0530.jpg_DSC0528-1.jpg_DSC0528-1.jpg
_DSC0530.jpg_DSC0528-1.jpg_DSC0528-1.jpg